スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | ↑ページ上へ

イチゴの葉欠き

イチゴの葉が段々と増え、ジャングル?のようになってきたので、葉欠きを行いました。

葉欠き終了


「葉が多い方が、光合成がたくさんできて養分も多くなり、大きなイチゴが結実するのでは?」

ブブー!残念、違います。


イチゴの場合、他の植物と違い、濃い緑色になった古い葉はほとんど活動しなくなるようです。

若い葉は薄緑色で成長点の中心部に、古い葉は濃い緑色に変色し、若い葉の外側についていますよね。
若い葉は引っ張ってもなかなか取れませんが、古い葉は使ってないので、引っ張ると付根から簡単に取れてしまいます。

説明になってませんがそんな事なので、葉欠きをしても大丈夫なのですね。

葉欠き後はスッキリ


「葉欠きをしないとどうなるか?」

葉が密集すると、風通しが悪くなります。
すると、ダニやヨトウ虫などの害虫が寄り付きやすくなります。

また、病害も発生しやすく、密集しているので他のイチゴにも伝染してしまいます。

とにかく、葉が茂り過ぎていると、害虫や病気も発見が遅れ、気付いた時には回復できない瀕死の重症になっている事が多々ありました。

なんだ?「ありました」って自分の事かい!


そんなわけで、イチゴ栽培には葉欠きが大切です。
根元がスッキリすると、成長も早いです。

皆さん、どうぞ億劫がらずに面倒見てやってください。

2012/05/25(金) | イチゴ栽培 | トラックバック(1) | コメント(2) | ↑ページ上へ

申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。
« PREV  |  HOME  |  NEXT »

スドゥーコ

『葉欠き』

昨日、急に晴れ間がのぞいたので畑に行くと、いくつかイチゴが赤くなってました。今年の初イチゴです。
それにつられて、葉欠きもしましたよ。
今年は手入れをしていなかったので、枯れた葉の下にたくさん虫がいて、葉欠きの大事なことを思い知らされました。

ズッキーニ(この辺りではコジェットといいます)は、今年は育ててませんが、摘花するの知りませんでした。
花が咲いて実がつけば、大きくなりすぎない前に採って、と繰り返して、良い収穫ができていたように思います。
雄花は、キレイに咲いた時をねらって採って、衣を付けて揚げると美味しいですよ。レストランでは高級料理として出されるそうです。

2012/06/10(日) 22:29:42 | URL| [ 編集]

ジャンボイチゴ

『スドゥーコさんへ』

いらっしゃいませ (^^♪

> ズッキーニ(この辺りではコジェットといいます)は、今年は育ててませんが、摘花するの知りませんでした。

いや~、摘花しなくてよいとは知りませんでした。恥ずかしい。
放置していたら、葉、茎、実、供にグングン大きくなってきたので心配いりませんでした。

食べるのは雄花なんですね、雌花かと思ってました。
情報ありがとうございます。

今年も、収穫の楽しい報告お願いします。

2012/06/12(火) 09:14:44 | URL| [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bigstrawberry.blog105.fc2.com/tb.php/202-eea8527d

-

管理人の承認後に表示されます

2012/05/28(月) 13:17:23 |

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。