スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | ↑ページ上へ

ようりん(熔リン・熔燐・熔成燐肥)

今年はイチゴならず、実物には「ようりん」を使ってみたいと思います。

あっちこっちで藤田先生(面識はありません)が宣伝してるようなので。

ようりん



さて、植物の肥料の三大要素には、窒素・リン酸・カリウムがあります。
(他にも微量要素があります)
まあ皆さんわかっているはずですが、初めての方は、各要素は主に以下の部分を生長させると思ってください。

窒素=葉
リン酸=実・花
カリウム=根

植物の肥料の袋や容器には大抵この窒素・リン・カリの表記があります。
例えば「8:10:8」とか。

これは左から順番に窒素が8、リンが10、カリが8の比率で入っていますよ!ということなのです。
ホウレンソウなど葉物なら窒素分の多いもの。
トマトやイチゴなど、実物ならリン酸の多いもの。
大根、ニンジンなど、根を食べる根物ならカリウムの多い肥料を使うということになります。
(窒素分が多すぎるとトマトなど病気になったり、害虫がつきやすくなる野菜もあるので注意)


すると、「ようりん」はリン酸ですので、通常の肥料のリン酸の他に、更にリン酸を加えることになります。
ただし水溶性ではないので、後からジワリジワリと効いて来るみたいです。

土壌も多少アルカリにする効果もあるようですので、連作で酸性化した土壌にも効果ありかと。


これで我が家のイチゴも大玉化したら、目に涙です。

2012/05/01(火) | イチゴの肥料 | トラックバック(1) | コメント(0) | ↑ページ上へ

申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。
« PREV  |  HOME  |  NEXT »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bigstrawberry.blog105.fc2.com/tb.php/196-d3aa51b8

まとめtyaiました【ようりん(熔リン・熔燐・熔成燐肥)】

今年はイチゴならず、実物には「ようりん」を使ってみたいと思います。あっちこっちで藤田先生(面識はありません)が宣伝してるようなので。さて、植物の肥料の三大要素には、窒素・リン酸・カリウムがあります。(他にも微量要素があります)まあ皆さんわかっているはず...

2012/05/02(水) 12:40:22 | まとめwoネタ速neo

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。