スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | ↑ページ上へ

あおいイチゴ

やっ~と、イチゴの花が実になってそれらしくなってきました。

大きくなれよ

これはたしか、紅ほっぺ。

ほかの品種も同じくらいの生長ぶりです。

放射能対策は乳酸菌散布してるし、新葉も、次々と展開して放射能を含んだ古い葉は葉欠きしているので、熟したイチゴは食べてもいいかな?

土は昨年に米ぬかとモミガラで作ったものですが、今年は液肥のみの栽培です。
下手に肥料やると障害でますんでこのまま液肥のみで栽培します。

問題は、これから大量に涌いてくるナメクジと、戦わなければいけないことです。

2011/05/20(金) | イチゴ栽培 | トラックバック(0) | コメント(9) | ↑ページ上へ

申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。
« PREV  |  HOME  |  NEXT »

まあるいつちのこ

『乳酸菌散布したいちご』

甘く、熟すの楽しみですね!
先日、神奈川県の実家で庭の木の植え替えをしてきたのですが、
植木鉢の下には、なめくじさんが、大量に整列!?してました。
もう、そんな季節ですね。なめくじさんとの戦い、がんばってください。

2011/05/24(火) 13:43:15 | URL| [ 編集]

ジャンボイチゴ

『まあるいつちのこさんへ』

ありがとう御座います。
ナメクジは年間に2~3百個も産卵し、孵化してから1~2ヶ月で産卵できるようになるとの事。
年間で何匹になるのかわかりませんが、ニーズがあれば蔵が建ちそうな増え方です。

先日からさっそく退治しています。
越冬した大きいやつと、生まれたばかりのやつもたくさんいました。
私の武器は割り箸です。

2011/05/25(水) 18:48:53 | URL| [ 編集]

スドゥーコ

『質問攻め』

割り箸で戦うと、どんくらいかかるんだろう。。
ワリと大きいスペースをとって、イチゴを植えているので、イチゴの収穫だけで、今日は2時間かかりました。
ナメクジ退治に更に2時間とかかかるのかな。
今日は巨大カタツムリを発見したので、畑の外に放り投げました。

そういえば、ジャンボイチゴさん。
私、先日、超特大イチゴが採れてしまった!しかもスゴイ甘いの!
ブログに10円玉大のコインを並べた写真を載せているので、是非見てください!

ところで質問です。
この株からのランナーを植えて株を増やせば、同じように特大の甘いイチゴがまた採れるようになりますか?
だとしたら、小株を増やす時期は、いつくらいからが良いんでしょう?
今の時期は、養分をイチゴにやりたいので、ランナーはカットしたほうが良いですよね?イチゴの収穫が終わった後でも、同じように強いランナーができるんでしょうか?
今のランナーは、とっても太くて力強いのがニューっと伸びてます。切るのが惜しいくらいの。
いくつかの苗は、イチゴ自体が小さく株自体も弱々しいので、それを抜いて、来年用にランナーから新しい苗を育てたいと思ってます。
質問攻めですみませんが、ご指導よろしくお願いします!

2011/06/05(日) 00:13:36 | URL| [ 編集]

ジャンボイチゴ

『スドゥーコさんへ』

ナメクジやカタツムリは、どうせ周りから来るのだから、実害が無かったら無視してもいいかもです。
被害が出るほど増えたら忌避剤を。

ではランナーの件ですが、実は私も太いランナーを残し、細いランナーを切り取っています。
ですからスドゥーコさんの様に、イチゴの収穫時期からランナーを生やしています。
その後の細いランナーは抜いていますが。

なので、太いランナーはそのままでも、ある程度の大きさのイチゴはできますし、子株の育ちも早いし大きくなります。
もちろん、同じ遺伝子の株なので、子株のイチゴも大きくなると思います。


超特大イチゴは超甘かったのですね。
ということは、ご主人に黙って食べた?

2011/06/05(日) 10:01:07 | URL| [ 編集]

野菜の庭

『はじめまして』

私もいい加減なやり方ですが、イチゴができてしまいました。

2011/06/05(日) 20:34:05 | URL| [ 編集]

スドゥーコ

『ありがとうございます』

ジャンボイチゴさん、早速のご回答ありがとうございます。

なるほど。
ナメクジ被害は、全体の1割か、それ以下くらいです。
今のところ、そんなのだけを集めて、キレイに洗って悪い所を切り取って、ジャムにしてます。
ナメクジ対策としては、実ったイチゴは、食べられる前にすぐに収穫してます。

ランナーの件、納得です。
私はランナーをうまく抜くことができなくて、ハサミで根元近くからチョキチョキ切ってるんですが、細いのは戸惑いなく切れても、太いのは「惜しいな~」と思い切りが悪かったんです。
大きな甘いイチゴが採れた株には葉に印を付けているので、そのランナーから元気な株を育てたいと思います。

超特大イチゴ、あの後もう一つ採れました。
これも思う存分眺めた後、二人で仲良く半分コして食べましたよ☆

あ、この超特大イチゴ、ナメクジに食べられたくなかったので、透明のペットボトルを半分に切ったのを被せてたんです。赤くなる前から大きくて立派な果実だったのでそれを被せるたんですが、そのおかげで更に大きく甘いのができたのか、もともとそうなるイチゴだったのか。。

2011/06/07(火) 05:39:17 | URL| [ 編集]

カブ太郎

『No title』

ジャンボイチゴさん
初めまして、今日はご挨拶をします(笑)。
とても参考になるので、またご拝見致します。

2011/06/09(木) 17:12:44 | URL| [ 編集]

ジャンボイチゴ

『スドゥーコさんへ』

どもです。

ペットボトルによる温室効果と日光撹拌は、イチゴに最適なのかもしれませんね。
もしかして、新・栽培法なのかもです。

2011/06/13(月) 16:30:34 | URL| [ 編集]

ジャンボイチゴ

『カブ太郎さんへ』

有り難うございます。

拙いブログですが、コメントいただけると嬉しくってうれしくって。

またのお越しをお待ちしております。

2011/06/13(月) 16:33:48 | URL| [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bigstrawberry.blog105.fc2.com/tb.php/157-2676f4ec
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。