スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | ↑ページ上へ

苗の定植方向

イチゴの苗は実がつく方向が決まっています。
トマトと同じですね。

苗の定植時に、みな同じ方向に植えれば手入れや収穫がしやすくなりますし、しかも赤いイチゴがきれいに並び、美しく見えます。

親株からランナーが出て、子株ができます。
親子を切り離せば、このランナーが付いている所が後ろです。
黒くなっていたり、さわると尖っていたりします。

その反対側が前です。
こちら側に

で、これが結構むずかしい。

100パーセントとはいきませんが、イチゴ苗の簡単な前後の見分け方です。

まず、下の写真をご覧下さい。

イチゴ苗A

なんとなく右を向いていますね。
そう、右側が前です。
よく判らなければ、クラウン部の所を触って確認します。
古くなって黒いツルや、ちょっと尖った所が後側です。
真ん中の新芽が、こっちを向いていればOK!

次の写真は左側が前ですね。

イチゴ苗B

なんとなく左側にノメっています。

イチゴ苗C

これは上部から見た所。
ランナーが黒くなっています。ちなみに右が前です。
子株をポリポッドに採る時に、このようにU字ピンなどを差し込んで固定すれば、すぐにわかります。

イチゴ栽培農家の方は、さすが一髪で判別しますが、実際やっていて、判らない苗も結構多いです。
その時は、あきらめて次の年からです。U字ピン使ってね。

2010/11/08(月) | イチゴの基本 | トラックバック(0) | コメント(0) | ↑ページ上へ

申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。
« PREV  |  HOME  |  NEXT »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bigstrawberry.blog105.fc2.com/tb.php/143-f3092a32
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。