スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | ↑ページ上へ

プランターのマルチ掛け

先ほど、知合いの方がいらして、プランターにマルチを掛けると良いよとやり方を教わりました。
ワラが入手できない方は試してみるといいかもです。

風呂敷やゴミ袋などビニールなら何でも利用できます。
注意点として、透明、半透明の日光を通す素材は雑草が生えるので、なるべく遮光するものがいいです。

プランターも覆う

1.プランターを覆う位のマルチを苗の上から被せる。つうか見ての通り。

2.苗の中心部に当る所に穴を開ける。
今日は時間の関係で手で穴を開けましたが、マルチに穴あけ用の印を付けたら一旦剥がし、ジュース缶や缶詰の缶を輪切りにしたものを用意し、切り口をマルチに押し当て回すときれいに穴が開きます。

こんな感じ

アップで。

詳細

あとはマルチが風で飛ばないように紐で縛って完成です。

完成

マルチの効果は、保温、雑草防除、雨水の飛跳ねで土中の病原菌が葉につくのを防ぐ、などですかね。
特に保温効果はあるようです。

真夏は、灼熱で熱くなったマルチにランナーが触れると焼けてしまうので注意します。

2010/11/02(火) | イチゴの手入れ | トラックバック(0) | コメント(0) | ↑ページ上へ

申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。
« PREV  |  HOME  |  NEXT »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bigstrawberry.blog105.fc2.com/tb.php/141-b2d7697a
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。