スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | ↑ページ上へ

レッドハバネロとプリッキーヌ

レッドハバネロがたくさん色着いてきました。

潅水は1日1回なので、写真では多少しおれています。
株が大きくなるほど吸水量も多くなるので、用土がすぐに乾燥します。

触るのも怖いレッドハバネロ

う~ん、赤もきれいですが、私は南国のくだものの様なオレンジハバネロがいいですね。
まぁ、ハバネロは、レッドといい、オレンジといい、まるでポリプロピレンで作った様なちょっとの透明感と艶が好きです。

しかし、辛さが、カラさが半端なくすごい(昨年は辛さで手が腫れた)ので、こんなに沢山どうしようかと思案中です。

あっ、ハバネロ栽培する方は、我が家のように65cmプランターに2株が丁度良いと思います。
水は毎日朝晩の2回、肥料食いですので、化成肥料は週1回パラパラと、有機の方は週1~2回液肥なりくれれば良いと思います。

しかし、今年は昨年より大量のハバネロを調理しなければいけないのか?
目に入ったら失明しそうだな。


やっと、種から育てたプリッキーヌ スワンに花が咲いてきました。

プリッキーヌの花

ピーマン系はみな一緒だな、花。

こちらは、持ち上げると割れる、古くなった65cmプランターに4株定植してあります。

プリッキーヌスワン4株

この猛暑で、やっとタイの気候下の様に生長してきました。
本当はもっと大きく茂るのだろうか?

花芽もたくさん出来ているので、期待大です。
プリッキーヌは、腐ってしまうハバネロと違い、タカノツメの様に乾燥保存できるので重宝します。
今回は、沢山収穫できたら、生のまま冷凍保存します。

辛さは、タカノツメより少し辛いか同等ぐらい。
とても小さい(1.5~2cm)ので、味噌汁からスープ、パスタなど、何にでも入れられる、可愛い奴です。

やっぱ、トムヤムクンかぁ~。

2010/09/01(水) | ハバネロ栽培 | トラックバック(0) | コメント(0) | ↑ページ上へ

申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。
« PREV  |  HOME  |  NEXT »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bigstrawberry.blog105.fc2.com/tb.php/134-ecf53424
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。