スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | ↑ページ上へ

うどんこ病

今年の天候不順と液肥の与えすぎで、イチゴがうどんこ病になってしまいました。
窒素過多や、葉の茂り過ぎで風通しが悪くなるとかかりやすいみたいです。

イチゴのうどんこ病は、イチゴにしか発症しないカビの一種です。
トマトにはトマトの、キュウリはキュウリにしか発症しないうどんこ病があって、
胞子で増殖していきます。
いずれも、葉が乾燥した時に発病し、水分には弱いようです。

うどん粉病のイチゴ
人間が食べても害は無いですが、いやだなぁ。

まず、うどんこ病に弱い品種、うちの場合、「とよのか」から発症。
ついでジャンボイチゴから全体に転移しています。

、今年私は潅水の際、葉を避け、直接土へ水を撒いていたので、それも原因のひとつでしょう。
葉にもシャワーすれば防げたのかもしれません。

うどんこ病の葉の症状
うどんこ病で葉が反っている

上の写真は、発病して1週間たったものです。
葉が、くるりと反ってしまっています。うどんこ病の症状ですね。

この3日前に、黒糖入りの微生物群の葉面散布を1回行いました。
この葉面散布液は、病気の防除と植物の活性に役立ちます。
でも時すでに遅し!発病初期なら完治したのかも。

とりあえず、白いカビ状の胞子は無くなりましたが、それでも心配なので、この後、市販の病害虫防止のスプレーをしました。

今のところ、進行はしていないようです。


葉面散布液の作り方
  1. ペットボトルに水1Lを入れ、黒糖(糖蜜が入ったもの。糖蜜が微生物群のエサになる)100g(水に対して黒糖1割)を入れる。
  2. 有機ボカシや生ゴミ堆肥、またはEM菌などの微生物群を1割程度入れ、撹拌する。
  3. 微生物の発酵が始まるとペットボトルが膨張破裂するので、キャップに目打ちやアイスピックなどで穴を開ける
  4. 数日すると発酵が始まり、ボトルを振ると発泡したら完成!


完成したら、上澄みを約50倍に水で希釈して葉の裏表に散布します。
冷暗所に保管し、6ヶ月位持ちます。6ヶ月経ったら、上澄みを違うペットボトルに移し、水を足し1Lにし、再び黒糖(微生物のエサです)100gを入れれば、もう6ヶ月持ちます。
有用微生物群によって、他の病原菌を制御し、発病を抑え、また、植物の生長を助け、実りが良くなるようです。
病気になっていない健全な野菜や山野草、雑草の葉に生息している微生物を培養すれば、もっと良いです。


今回は、防除をすっかり怠っていたのが原因です。
常に対策しておくことが大切なのだとつくずく身にしみたのでした。

2010/06/18(金) | イチゴの病気 | トラックバック(0) | コメント(0) | ↑ページ上へ

申し訳ありません。 該当する記事は削除した可能性があります。
« PREV  |  HOME  |  NEXT »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://bigstrawberry.blog105.fc2.com/tb.php/122-07d8c9a4
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。